アトピーと生活習慣

アトピーの症状と治療法

アトピーの症状と治療法

アトピーの症状と治療法 アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種で、皮膚のかゆみや湿疹が主な症状です。原因はその人により様々ですが、ハウスダスト、花粉、動物の毛などが主な原因です。
また小さなお子さんの場合は、牛乳や卵、小麦粉などの食品でアレルギーを起こし、アトピーを発症することも多いです。
これらの皮膚炎の原因物質を体内に取り込むと、異物として認識されてしまうのでそのアレルギー反応が起こります。そして皮膚のかゆみなどが起こるのです。
アトピーの治療法は、皮膚科では主に薬物療法がおこなわれます。
皮膚のかゆみのある場所や搔き破ってしまった場所にステロイド剤を塗る、アレルギーを抑える抗アレルギー薬を飲むなど、外用薬と内服薬を併用した治療が行われます。
また、アレルギー源をなるべく体内に取り込まないことも重要です。
ハウスダストが原因ならまめに掃除する、食物が原因ならその食物を食べないようにするなど、日常生活を送る上での注意も大切です。

アトピーのかゆみ、乾燥を抑える方法

アトピーのかゆみ、乾燥を抑える方法 アトピーは痒みが特徴の症状です。特に入浴や熱をこもらせる服や布団を使うと痒みが酷くなります。
その為アトピーでかゆくなった所を冷やすのです。根本的な治療では有りませんが痒みが治まります。
乾燥しているのは肌の具合悪化の原因の1つです。保湿が足りない事から肌がダメージを負うのもありますがアトピーの炎症によって乾燥して悪化するパターンも有ります。
そして肌が傷む事防ぐ事でそれらを抑える事が有効です。
まず日常的にビタミンを取ります。AやB1、B12やC、DやEなどが有効とされます。
食事に亜鉛等のミネラルやコラーゲンが入ったモノにするのも良いです。
外せないのは皮膚を清潔にする事です。少なくとも入浴やシャワーで綺麗な状態にする必要が有ります。
また肌に合わない石けんを使用しない事も重要です。衣類も肌に刺激が無いものを着用でダメージを軽減出来ます。
ダニ埃カビは悪化の条件ですからまめに掃除してそれらを排除し家自体も清潔に出来ます。